faerlfajewoのblog


2017年07月11日
レビトラは、食事の影響を受けにくいことから、バイアグラだと期待した効果を得られなかったと
レビトラは、食事の影響を受けにくいことから、バイアグラだと期待した効果を得られなかったという人が、レビトラを試したら効果が実感できた、というケースも多いようです。
また、糖尿病を患っている人で、バイアグラよりレビトラの方が有効という報告もあります。



レビトラの有効成分、バルデナフィルは、勃起を妨げる酵素「5型ホスホジエステラーゼ」の働きを阻害する作用があり、シアリス 通販薬としての作用はバイアグラと変わりません。
ただ、有効成分の違いから、バイアグラより若干即効性があり、効力も強いという声も多いようです。
食事の影響を受けにくいことから、食事のタイミングに左右されたくない、という人にはバイアグラよりレビトラの方が向いていることになります。



ただ、レビトラには食事の影響を受けにくいという特徴がありますが、それでも、空腹時と満腹時では、効果が出始める時間や効力には、多少差が出るようです。
やはり薬なので、胃の中に内容物がない空腹の状態で服用したほうが、薬の成分がより吸収されやすくなり、その分、作用時間も早く、より強い効果が得られるようになります。
このため、即効性を求めるのなら、空腹時に服用するほうがよいでしょう。



威哥王の効果の持続時間は、5時間~10時間とされています。
多少時間の開きがあるみたいですが、これは、種類の違いもあります。
レビトラは、現在、日本では5mg、10mg、20mgの3種類が認可されています。
ただ、5mgだと効果が低すぎるので、10mgか20mgの種類から選ぶことになります。



一般的に、10mgで5~6時間、20mgで8~10時間くらい効果が持続するとされています。
これは、個人の体質やコンディションによっても多少異なるので、一応の目安と考えておくことです。

前の記事
|
次の記事